福島 原発 吉田 所長。 吉田元所長の証言記録が明らかに

死の淵を見た男

福島 原発 吉田 所長

comに。 2013年7月10日閲覧。 彼が自らを顧みず、日本のためにやるべきことをやったからです」 吉田所長は '55年、大阪府の生まれ。 「ICが使えなくなったという認識を持っていなかった」(発電班副班長) 発電班長は、ICは動作していると考えていた。 は汚染から復興した村として日本が誇る村を目指しているのだ。

次の

福島第1原発事故を映画化 吉田所長役に渡辺謙さん 佐藤浩市さん主演 | 共同通信

福島 原発 吉田 所長

結果としても注入を続けたこと自体は決して間違いではなかった」と解任は不要との見解を示し、武藤副社長らの解任論を抑えた。 蒸気が放出されるような音が聞こえたが、間もなく聞こえなくなった。 なんせゴミ系やなどはヤクザのぐらいしか担い手がいない。 事故を起こした東京電力は震災から1年3か月後、実質、国有化された。 ほぼ三人に一人で、厚生労働省は十三日までに被ばく状況を報告するよう東電に指導を行った。

次の

「原子力ムラ」を生きた東電・吉田昌郎の功罪

福島 原発 吉田 所長

「この一連の中では、ICについて言えば…システムが生きているというふうにずっと思っていましたし、こういう操作(ICの弁の開け閉め)をしているという情報が円卓の中には入ってきていない」(吉田所長) 「現場からも、ICの運転状態については共有されるような情報は入ってきていなかった。 第二内科元助教授は職責などからくる極度のストレスが原因ではないかと指摘している。 自分だけでなく、国家の「死の淵」に立って究極のストレスの中で闘った吉田さんは、58歳という若さで「戦死」したのだと私は思っている。 午後10時30分過ぎ、東電本店の記者会見で「水位は確認されています」と明らかにした。 電気が落ちた暗闇の中で闘う人間の姿は、私たちの想像を超えるものだった。

次の

吉田調書・全文をテキスト化

福島 原発 吉田 所長

12日午前1時48分、ディーゼル駆動消火ポンプ(DDFP)の燃料切れを確認。 なぜそれを私に聞くのですか。 この時点はいわゆる「テレビ会議さなか」ではない。 「『菅降ろし』を潰した男」『アエラ』2011年6月13日号• 東京新聞 TOKYO Web 中日新聞社. 日頃は目立たない人が土壇場で驚くような力を発揮したり、逆に普段は立派なことを口にする人間が、いざという時に情けない姿を露呈したりする。 」(同上) 「中央制御室では、津波襲来までの間で、監視パラメータは確認できており、原子炉は特に異常はなかった。 原子炉を冷やすため12日19時04分に海水注入を始めたが「首相官邸にいる(東電の)武黒一郎フェローから電話があり『官邸はまだ海水注入を了解していないので、四の五の言わずにとめろ』と指示があった。

次の

朝日「吉田調書」誤報の真相 社内でも事前に多数「異論」出ていた: J

福島 原発 吉田 所長

現場の声を入れた方がいいのでは」などと提案したが、記事を執筆した記者2人が修正を受け入れなかった。 原子力災害対策特別措置法第15条1項の対象となる「全給水喪失」が発生したとして当直から運転管理部長あてに再び報告。 爆発直後、最初の報告ですけれども、私、そのとき死のうと思いました。 ところが、福島第一原発の消防車3台のうち、使えるのは1台だけだった。 (Operator training for Unit 1 was performed on a Unit 3 reference simulator, which did not include IC systems, and therefore did not correspond to Unit 1; only a limited scope compact simulator and plant analyser was available for Unit 1. 「非常用復水器(IC)が一時運転を中断していたものの、吉田所長ら幹部がそのことを把握せず、ICが稼働しているという前提で対策が検討されていたことも判明。 吉田さんは、それでも生来の明るさとざっくばらんな表情で、さまざまなことを私に語ってくれた。 www. 非常用復水器のタンクの間から見た北方向=2014年2月26日に東京電力が1号機原子炉建屋内部を調査した際に撮影(東京電力提供) 午後6時25分、運転員は弁の一つ「3A」を閉めて、ICの作動を完全に停止させた。

次の

福島第一原発1号機の時系列 非常用復水器(IC)はなぜ誤認されたか

福島 原発 吉田 所長

) 福島第一原発で原子力建屋の水素爆発事故が起こったのが、2011年3月12日 吉田所長が食道がんの診断を受けて退職したのが、2011年12月1日 もしも吉田所長のがんが、福島第一原発の事故を原因として起こったものならば「早期発見」といって良く、死に結びつくようなものじゃない、従って原発事故とは関係ない、というのは誰が見たって分かる話。 だけど、外ではとんでもないことが起こっている。 現地対策本部がある免震棟で指揮を執る吉田昌郎所長。 福島第一原発に調査に訪れたIAEAの調査員とガッチリ握手 5月27日 東京電力提供 「詰めろ」とは、十分に検討して結論を出せ、ということだ。 集団的自衛権や尖閣諸島という言葉を入れれば、そっくり現代にもあてはまりそうなこの作文を書いたのは、東電福島第一原発の所長だった故吉田昌郎氏である。 」」『フラッシュ』2011年6月21日号• 身長180センチ。

次の

福島第一原発1号機の時系列 非常用復水器(IC)はなぜ誤認されたか

福島 原発 吉田 所長

一方、がれきの撤去作業では、一部のゼネコンが一肌脱いだ。 101, : pp. の2011年11月28日時点におけるアーカイブ。 本店「いきなり海水というのは材料が腐ってもったいない」 吉田「いまから真水というのはないです。 消防車を操れる人間はもともとごく少数。 福島第一原発は、同じ東電の福島第二原発からガソリン入りのドラム缶をもらうときも、中間地点にあるコンビニエンスストア、通称「三角屋のローソン」や、ホームセンター「ダイユーエイト」の駐車場にそれぞれが運搬車で乗り付けて、引き渡してもらっていた。 2日後の3月13日午前6時48分、そのころオフサイトセンターに詰めていた東電原子力担当副社長の武藤栄が、吉田に、保安検査官が福島第一原発に戻ると連絡してきた。

次の