バック オフィス 改革 2019。 バックオフィス改革を起こす『請求管理ロボ』が急成長企業に選ばれている理由とは?-Manegyニュース

Future of Work主催の「バックオフィス改革2019」にスポンサー兼アドバイザリーボードとして参画します。|BtoBプラットフォーム

バック オフィス 改革 2019

開催概要 イベント名:バックオフィス改革2019 日時:2019年9月26日(木)、27日(金)12:30~18:30 参加費:無料 場所:渋谷ソラスタコンファレンス 主催:Future of Work実行委員会 想定来場者数:700名 対象参加者:経営者ならびに経営企画、人事労務、総務、財務、経理、法務などバックオフィス部門責任者の方 公式サイトURL: <本イベント、協賛企業、出展に関する問い合わせ先> Future of Work事務局(株式会社ビズリーチ内) 担当:森 TEL:03-6450-5306 Mail: Future of Work実行委員会について Future of Work実行委員会は、未来の経営と新しい働き方を共創するプロジェクトとして、株式会社ビズリーチが運営母体となり発足しました。 労働人口の減少が確実視される中、もし生産性の低い業務プロセスが改善されぬまま放置されれば、従業員の負担が増すばかりか企業の競争力低下にもつながるだろう。 AIは部門ごとにルールを覚え込むので、部門独自のルールがあっても対応ができます。 また、関連のある記事をご紹介させていただきますので、こちらもぜひ、ご覧下さいませ。 働き方改革における動向 ご存知のとおり、2019年4月から働き方改革関連法案が順次施行され、時間外労働の上限規制が罰則つきで導入されるなど大きな改革が行われています。 後回しにしがちな仕事に集中する時間を設ける(株式会社モバイルファクトリー) 非効率性を解消する為に、ITツールを活用する• デモ体験・商談 バックオフィス部門の業務効率化や生産性向上につながる、最新のサービスと出会える場を提供します。

次の

未来の経営と新しい働き方を共創するFuture of Work「バックオフィス改革2019」を開催

バック オフィス 改革 2019

同義語は間接部門・管理部門・コーポレート部門など バックオフィスという言葉は、もともと欧米で生まれた言葉ですが、日本ではこれまで別な呼び方でした。 ——どのようなときに仕事のモチベーションを感じますか? 内山:当事者でなければなかなか知り得ない、業界やお客さま固有の業務プロセスを知ることができるのは、この仕事の面白さの一つだと思います。 5-4. ・金額、スケジュール、今後のこと含めてどの会社に依頼していいか分からない ・そもそも人手不足で対応するのが難しい ・できるだけ無駄な投資は止めて、いろいろなパターンの提案が欲しい そんな悩みを持った方は「neconote(ねこのて)」がお客様のチームの一員としてサポートします。 特に保守的な企業においては、情報管理やコミュニケーションの手段がアップデートされず、いまだに紙やFAXに依存した業務プロセスが温存されていることも少なくない。 そこで個別に日程を組み、1人あたり4時間ほどかけて使い方を説明しました。 HRテックとはどのようなサービスでしょうか? その定義、市場規模、普及の背景などを説明します。 イライラしている業務を皆が安心して書き出せる環境と、付箋に書いて貼ってもらう聞き方が功を功を奏し、普段話さないような方からもたくさんの意見が集まりました。

次の

働き方改革が進まない「残業続きの裏方部門」をAIで後押し

バック オフィス 改革 2019

具体的に私が使っているのは、チャットツールの「チャットワーク」、会計ソフトの「MFクラウド会計」、請求書発行の「MFクラウド請求書」、クラウドグループウェア「Google Apps」、情報蓄積ツール「Evernote」、そしてクラウド契約管理ツール「CloudSign」などです。 例えば、営業部門の業務プロセスに問題はないか、長時間勤務などの原因となっている業務の無駄はないかを洗い出します。 プログラミング知識がなくても直感的に操作できるよう、UIデザインにこだわって開発しました。 業務効率化による生産性向上では、営業部門や製造部門など利益が発生する部署がフォーカスされがちですが、人事や採用といったバックオフィス分野でもテクノロジーとの融合による業務効率化が急速に進んでいます。 そんな中、2019年1月に最新版の「Office 2019」が発売されました。

次の

未来の経営と新しい働き方を共創するFuture of Work「バックオフィス改革2019」を開催

バック オフィス 改革 2019

これは新しいシステム開発でよく使われる手法で、作業者に今やっている作業やその理由などをすべて口に出して実況中継してもらい、その横で見ながら気になることを質問するというのを作業が終わるまで続けます。 直感的な操作だけでアプリが作成できるので、プログラミングなどITの知識は不要です。 5倍に増えた場合、経理スタッフ1人当たりの業務負担も当然増えることになります。 取材・文/武田敏則 撮影/吉永和久. 「後回しになりやすい仕事にだけ」集中する、特別な時間を設ける 後回しにされがちな仕事を進めるために、金曜日は原則ノーアポ・ノーミーティング・ノー残業とする 「クリエイティブフライデー」や、月・水・金は、それぞれ1時間、チャットや会話、電話や離席を禁止する 「精神と時の部屋タイム」を設けた事例です。 その結果、経理・労務部の4名中3名がリモートワークで働くというチーム体制を実現した事例です。

次の

バックオフィス改革を起こす『請求管理ロボ』が急成長企業に選ばれている理由とは?-Manegyニュース

バック オフィス 改革 2019

組織が目指す目標と、個人の目標をつなげることはできていますか? ひとりひとりの目標に向けた行動を促進する組織づくりはできていますか? 本セミナーでは、職場での対面やツールを使ったコミュニケーションの活性化や、マネジメントを通じた人材育成、組織づくりについて課題解決のヒントをお持ち帰りいただきます。 そもそも経営判断に必要な数値が何か明らかにし、営業サイドにかけ合って、数値が分かるような仕組み作りをしたり、営業が経費精算の管理ができていないようであれば、クラウド経費精算ツール導入の提案をしたりします。 バックオフィス部門の業務効率化や生産性向上に役立つサービスを知るため、また導入について個別に相談するためにご活用ください。 (ビズロボ) 複数のアプリケーションをまたいだ作業などをロボットに記憶させることのできる「 RPA(Robotic Process Automation)」という技術を活用。 ローカルネットワーク内のファイルサーバーにのみデータが保管されており、リモートワーク時にアクセスができないと、必要資料をメール添付などで共有してもらうまで業務がストップするといった事態になりかねません。 ここで注意が必要なのが、2014年以降に導入したパソコンで、Office Premiumシリーズがインストールされている製品です。 コア業務に集中できる 2つ目のメリットは、今までの業務に使っていた時間が減るので、それを別な業務に時間を割くことができます。

次の

未来の経営と新しい働き方を共創するFuture of Work「バックオフィス改革2019」を開催

バック オフィス 改革 2019

kintoneのアプリ作成画面では、左側にはラジオボタンやドロップダウン、文字列などフォーム作成に必要なパーツが並んでいます。 情報を漏洩のリスクを限りなく低くするために、秘密保持契約を締結したり、情報漏洩した時の緊急対応の方法を確認しておきましょう。 バックオフィスの皆がkintoneを使ったことで「自分たちで改善できる」という意識が生まれ、行動を起こすハードルが下がったことで業務改善の風土が作られました。 メールだと、そういった反応をするために返信をしたり、反応がなければ改めて確認する必要があったりと、少し手間がかかってしまいます。 業務時間中でも空いた時間があればセミナーに参加することもできますから、スキルアップの面でも恵まれた環境だと思います。

次の

ツールに合わせる時代はもう終わり! 現場主導で始める業務改善【バックオフィス改革2019 イベントレポート】

バック オフィス 改革 2019

・採用プロセスの一元管理 ・WEB面接 採用活動ではさまざまな機密情報を取扱います。 。 業務プロセス改革は、むしろバックオフィスに求められています。 本カンファレンスでは、このような課題を解決し、人事労務、総務、財務、経理、法務など、会社の基幹を支える部門の可能性を最大限に生かすためのヒントを提供します。 現実には効率化の必要性を認識していても、業務の可視化、課題の抽出など、具体的な施策を実行する前に行き詰まってしまう企業が少なくないのだ。 さらに、ペーパーレス化、デジタル化の波が押し寄せる中、帳票を取り扱う業務は依然として残っていて、「注文書を早く転記して処理を!」「FAXからシステムへ入力してください」といった現場の業務は多く存在しています。

次の

「攻め」のバックオフィス組織づくり!モチベーション改革セミナー

バック オフィス 改革 2019

しかし、会計ソフトを使うことで、自動で勘定科目を選んで仕訳され、集計されるため、間違いが起こりにくく、会計業務における負担を減らすことができます。 【 開催概要 】 イベント名 : バックオフィス改革2019 日時 : 2019年9月26日(木)、27日(金)12:30~18:30 参加費 : 無料 場所 : 渋谷ソラスタコンファレンス 主催 : Future of Work実行委員会 想定来場者数 : 700名 対象参加者 : 経営者ならびに経営企画、人事労務、総務、財務、経理、法務など バックオフィス部門責任者の方 公式サイト :. 5%)といった悩みがあると答えている。 バックオフィスサービスを利用する バックオフィスサービスは、社内の人間が今まで行っていた業務を外部に委託します。 働き方改革• 中長期的な運用コストを視野に入れて比較検討することが大切です。 この最大の目的を実現するための最適なサービスを選択できるように、準備を進めましょう。 と、ステップが多く、時間がかかってしまうんですよね。 勤怠管理システムの導入について 勤怠管理システムについては、すでに76%が導入を進めていることが明らかになりました。

次の