ホンダ cr v に ハイブリッド 2020 年 型 表情 変化 米国 発売。 カストロール、HV専用トランスミッションフルードを発売…スムースドライブ テクノロジー採用

米トヨタ、新型クロスオーバー車『ヴェンザ』発表… ハリアー 新型を米国投入(レスポンス)

ホンダ cr v に ハイブリッド 2020 年 型 表情 変化 米国 発売

カラーTFTドライバー情報インターフェイス(DII)センターメーターディスプレイ、Apple 「CarPlay」とグーグル「Android Auto」に対応した7インチタッチスクリーンディスプレイオーディオを採用した。 アシスト用モーターは、薄型DCで、ホンダはこのシステムに「」という名前をつけている。 最新の8インチディスプレイを備えたSDA(スマートフォンリンク・ディスプレイ・オーディオ)システムを搭載した。 2013年に行なわれたメディア向けに技術説明会において、6月に日本国内でも発売されるとの発表があったと報道され 、アコードハイブリッドの発表・販売開始と同時に法人向けユーザーのみを対象に販売を開始した。 しかし、のテストによると、アコードハイブリッドの燃費は、標準型エンジンを搭載したアコードV6と比べ平均で2mpg、 2. オハイオで生産されるアメリカ向けは2015年モデルで販売中止となったが、2017年モデルとして日本で生産される新型を販売する予定となっている。 2020年モデルには、「エクシード」と呼ばれる新しいトップバージョンを設定する。 走行時には必ずエンジンが動作しているという点が、広義の「パラレル型」ハイブリッドシステムである。

次の

三菱 アウトランダー、2020年モデルを欧州発売

ホンダ cr v に ハイブリッド 2020 年 型 表情 変化 米国 発売

電動サイド調整を備えたレザーシートが装備された。 インテリアは環境負荷の低いバイオファブリック素材を使用する。 初代ヴェンザは2018年12月、米国市場で発売されたクロスオーバー車だ。 欧州が13万3000台、中国が12万7000で続いている。 基幹部品や電気部品の保護と快適なドライブをサポートする。 モーターはIPM(埋め込み式磁石)同期型で出力は124kW。

次の

カストロール、HV専用トランスミッションフルードを発売…スムースドライブ テクノロジー採用

ホンダ cr v に ハイブリッド 2020 年 型 表情 変化 米国 発売

トランスミッションは、パドルシフト付きのCVTを組み合わせる。 以上の機構を採用したため、高い燃費性能が実現されている。 上級グレードには、丸いLEDフォグランプが装備される。 総販売台数は、全米で約2万5千台で、2007年モデルは約6千台であった。 6kWhの充電器を内蔵し、バッテリー充電時間は120Vで3時間以下、Leviton製の240V充電ステーションを使用すれば1時間以下となる。

次の

三菱 アウトランダー、2020年モデルを欧州発売

ホンダ cr v に ハイブリッド 2020 年 型 表情 変化 米国 発売

寸法は歴代の日本国内向けアコードシリーズでは最大で 、全長と全幅は()に匹敵する。 新型ハリアーに用意される2. 6kmと日常走行の多くをカバーでき、さらに、EV走行可能距離がゼロになった後でも「アコード ハイブリッド」同様に高効率のためJC08モードのPHV複合燃費で70. リアは、絞り込まれたクーペキャビンと、スポーツカーのように左右に張り出したホイールハウスとの組み合わせが、大らかな逞しさを演出する。 「シグネチャーランプ」は、遠くからでも新型と分かる個性と先進性を強調している。 出力6. 日本では2代目は8代にわたって販売され、2013年3月で製造販売を終了した「アコード」から継承するかたちで日本市場で販売されることとなり、同時に、アコードとしては5代目(CD3-6型)以来の日米共通のボディとなった。 パワートレインは2. 以後、在庫のみの販売となる。 サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リアにダブルウィッシュボーン式を採用した。 前輪をエンジンとフロントモーターで、後輪をリアモーターで駆動する「エレクトロニック・オンデマンドAWD」を搭載した。

次の

ホンダ・アコードハイブリッド

ホンダ cr v に ハイブリッド 2020 年 型 表情 変化 米国 発売

基本は北米向けアコードエンジン搭載型であるが、ハイブリッド化にともなってエンジン、トランスミッションに変更が加えられている。 この現行CR-Vの2020年モデルでは、デビュー以来およそ3年が経過して、外装を中心にリフレッシュが施された。 プレスリリース , 本田技研工業, 2013年6月20日 , 2013年6月20日閲覧。 トヨタ自動車の米国部門は5月18日、新型『ヴェンザ』(Toyota Venza)を発表した。 バンパーも、クロームのアクセントが付いた新デザインだ。 トヨタ自動車の欧州部門は4月10日、『RAV4』(Toyota RAV4)の世界累計販売台数が、1000万台を突破したと発表した。

次の

カストロール、HV専用トランスミッションフルードを発売…スムースドライブ テクノロジー採用

ホンダ cr v に ハイブリッド 2020 年 型 表情 変化 米国 発売

日本向けは(日米欧を通じて)アコード歴代初の足踏み式パーキングブレーキを採用している(2016年5月改良型は電動式に変更)。 調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフを初採用する。 バッテリーは、新開発のリチウムイオンとした。 これにより発進加速性や操縦安定性の向上、優れた燃費性能を可能にしているという。 バッテリー残量が所定範囲内に維持されるように制御が行われる。

次の