精霊 幻想 記。 精霊幻想記(Web版)

精霊幻想記 1.偽りの王国

精霊 幻想 記

だが、実に千年以上の時を経て再び現れた勇者召喚の吉報に、アマンドのムードも実に明るいものとなっていた。 屋敷に現れたグールは全部で六体。 どちらかといえば「無双せざるを得ない」という感じですね。 当たれば岩をも砕く漆黒の拳が、リオの左腕スレスレの位置をかすめて通る。 けど、みんな無事だから安心して。

次の

精霊幻想記

精霊 幻想 記

連載を楽しみにお待ちいただいている皆様には誠に恐れ入りますが、tenkla先生が描かれるコミック版「精霊幻想記」の連載は3話をもちまして終了させていただきますことを、何卒ご理解いただけると幸いです。 リオと相対してまともに動ける個体はもはやアルフォンスただ一人。 そもそもあの時は家に戻ることに必死で、グールの魔石のことなど頭の中になかったのだ。 都市の中に散らばっていたグールはアリアを始めとする腕利き達がすべて排除してくれたが、戦力が不足していた屋敷に現れたグールはリオの協力がなければ撃退することができなかったのだから。 ヒロインたちも無難にかわいいです。 今のアリアの仕事は魔物の群れをこれ以上先に進ませないことであり、そうすることがリーゼロッテの安全にも繋がる。 自らを虚仮にした連中を見つけだし、己の力を見せつけたうえで殺す。

次の

コミック版「精霊幻想記」連載終了のお知らせ等|北山結莉の活動報告

精霊 幻想 記

何か良い策はないものかと思考を張り巡らせていると、リオはリーゼロッテの屋敷に辿りついた。 遠目からレイスが目を 瞠 ( みは )る姿が見えたが、今から追いつくことは不可能だろう。 しかも狙いはかなり正確で、軌道こそ直線的だが、閃光を放つ口の向きを変えることで、放射中もある程度の微調整が可能らしい。 「…………」 その真意を見極めようと、リオが冷ややかにレイスを直視する。 「おや、もうそこまでバレてしまいましたか。 凶暴な未知の魔物を前にしながらも、アリアは普段通りの無表情で淡々と魔物を屠っていた。 その第一歩として、新たな覇道を邁進するために、今回の襲撃はまさしく最高の晴れ舞台になるはずだった。

次の

精霊幻想記

精霊 幻想 記

「お見事」 完全に対処しきったリオの手並みを称賛すると、レイスは第二波の光球を放った。 現在、ガルアーク王国内は彼女の噂で持ちきりである。 『精霊幻想記』の小説の最新刊 17巻 の発売日は? 巻数 発売日 間隔 第01巻 2015年10月1日 — 第02巻 2015年12月1日 2ヶ月 第03巻 2016年3月1日 3ヶ月 第04巻 2016年6月1日 3ヶ月 第05巻 2016年9月1日 3ヶ月 第06巻 2016年12月29日 3ヶ月 第07巻 2017年4月1日 4ヶ月 第08巻 2017年9月1日 5ヶ月 第09巻 2017年12月29日 3ヶ月 第10巻 2018年3月31日 3ヶ月 第11巻 2018年9月1日 6ヶ月 第12巻 2018年12月1日 3ヶ月 第13巻 2019年4月1日 4ヶ月 第14巻 2019年8月1日 4ヶ月 第15巻 2019年11月30日 3ヶ月 第16巻 2020年4月1日 5ヶ月 小説版は、平均して約3. その勇者の名前は 皇沙月 ( すめらぎさつき )、美春達の知り合いと同名の存在であることから、間違いなく本人だろう。 第17巻のサブタイトル「聖女の福音」から察するに、第六の勇者こと聖女の登場がその布石だと考えられます。 おまけにリオを襲ったグールは既に三体が屠られており、残ったのは変異種と思われる黒いグールのみ。 戸惑うリオをよそに、国家の間では騒動についての情報共有や話し合いが進められており、リオをなんとしても自国へ繋ぎ止めておきたいという思惑が見え隠れします。 レイスは右手に魔力を集めて、手刀を 模 ( かたど )ると、リオに正面から挑んだ。

次の

精霊幻想記の最新刊(17巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

精霊 幻想 記

常人ならば反応することさえ叶わぬ超高速の一撃。 (わかった。 閃光を避けることに専念するあまり、いくつかの光球に被弾してしまい、リオの速度が落ちていく。 確かに数が揃うと厄介ですね……」 嘆息し、地面でのたうつグールに止めを刺すと、残った魔石を拾う。 肉体に命令を送る脳が身体と分離されてしまっている以上、首を斬り飛ばされて地面に倒れているグールはもはや動かぬ人形と大差ない。 また、ラストではついに六番目の勇者こと聖女が登場してきましたね。

次の

精霊幻想記(Web版)

精霊 幻想 記

(こちらはまだ一体も倒せていないけれど、流石にアレと同じ強さを発揮しろだなんて要求するのは酷よね) リーゼロッテの前方では、短槍を装備したコゼットに、二本のダガーを構えたナタリーが、グール二体と相対していた。 ガラス細工のような絶世の美貌、雪のように白く淡い繊細な肌、そんな彼女の容姿は戦場においても 一際 ( ひときわ )に周囲を圧倒する存在感を放っている。 振り上げられた剣はスッと滑らかに黒いグールの身体を斜めに両断した。 まだ戦闘が開始してから三十秒も経過していない。 こちらでは定期的に更新される最新話だけでなく、第1話からも無料で読むことができます。

次の