Oracle マテリアライズド ビュー リフレッシュ。 津島博士のパフォーマンス講座 第71回 マテリアライズド・ビューについて(2)

Oracle 11gR2 ORA

oracle マテリアライズド ビュー リフレッシュ

データベース: 10g リリース 1 エラーコード: 詳細: マテリアライズド・ビューのリフレッシュ・パスでエラーが発生しました。 完全リフレッシュは、どのマテリアライズド・ビューの場合も必要に応じて要求できます。 さらに、手動でマテリアライズド・ビューをリフレッシュしないかぎり、 CONSIDER FRESHを使用しないでください。 EXCHANGEコマンドが失敗します。 高速リフレッシュは更新されたレコードだけ差分で更新します。

次の

マテリアライズド・ビューのリフレッシュ操作の監視

oracle マテリアライズド ビュー リフレッシュ

マテリアライズド・ビューのリフレッシュ操作に関するレポート機能• example. 読取り専用マテリアライズド・ビュー マテリアライズド・ビューの作成中に、 FOR UPDATE句を指定しないか、Oracle Enterprise Manager Cloud Controlのアドバンスト・レプリケーション・インタフェースでこれと同等のオプションを使用禁止にすると、マテリアライズド・ビューを読取り専用にできます。 b UNION ALL SELECT p. 条件の述語は、ソース表のみを指すことができます。 また、1つのマテリアライズド・ビュー・サイトの同じレプリケーション・グループに基づいたマテリアライズド・ビュー・グループはすべて、同じマスター・サイトまたはマスター・マテリアライズド・ビュー・サイトを指す必要があります。 CREATEまたは ALTER MATERIALIZED VIEWセッション、または ALTER TABLEセッション内の完全リフレッシュには適用されません。 つまり、それぞれの顧客が多数の注文をしている可能性があります。 使用するロールバック・セグメント• マテリアライズド・ビューのいずれかが ON DEMANDリフレッシュとして定義されている場合 リフレッシュ方法が FAST、 FORCE、 COMPLETEのいずれであるかにかかわらず 、ネステッド・マテリアライズド・ビューは、 最新かどうかにかかわらず 他のマテリアライズド・ビューの現在の内容との比較によってリフレッシュされます。 リフレッシュ・グループには、マテリアライズド・ビューを最大400個まで含められます。

次の

津島博士のパフォーマンス講座 第71回 マテリアライズド・ビューについて(2)

oracle マテリアライズド ビュー リフレッシュ

(でも出来てしまえばトリガーよりシンプルかな。 また、結合のみを含むMViewだけで、SELECTリストにファクト表のROWID列を含める必要があります)。 基本的な統計を収集することも、マテリアライズド・ビューのリフレッシュ操作の際に使用されたパラメータや実行されたSQL文など、より詳細な情報を収集することもできます。 複数のマテリアライズド・ビューのリフレッシュ• orders orc1. DELETEとダイレクト・ロードの混在を回避してください。 このパスになんらかのエラーがあると、リフレッシュ時にエラーが発生します。 sql Table created. ON COMMITリフレッシュ・オプションが指定されている場合は、すべてのマテリアライズド・ビューがコミット時に適切な順番でリフレッシュされます。

次の

Oracle 11gR2 ORA

oracle マテリアライズド ビュー リフレッシュ

記憶表に対するレプリケーション・サポートの生成 これらのアクションは、ネストした表を含むマテリアライズド・ビューに対する実行時に間接的に発生します。 example. これは、ネステッド・マテリアライズド・ビューがある、または一部の階層の異なるレベルにマテリアライズド・ビューがあるデータ・ウェアハウス環境では、非常に一般的なことです。 これにより、ネステッド・マテリアライズド・ビューで指定された依存性、および他のマテリアライズド・ビューに対するクエリー・リライトを使用した効率的なリフレッシュを考慮した正しい順序によるすべてのマテリアライズド・ビューのリフレッシュが、Oracleによってスケジューリングされます。 Oracleがリフレッシュ・フェーズを最適化できない可能性があります。 "SAL" FROM "EMP" "EMP" GROUP BY "EMP". マテリアライズド・ビュー・ログ マスターに基づいてマテリアライズド・ビューを高速リフレッシュする場合は、マスター上にマテリアライズド・ビュー・ログが必要です。 orders orc1. caの遅延トランザクション・キューに入れられます。

次の

マテリアライズド・ビュー・グループの作成

oracle マテリアライズド ビュー リフレッシュ

マテリアライズド・ビューのリフレッシュのタイプについて リフレッシュ方法は、増分または完全リフレッシュです。 このため、挿入された行を削除する必要があります。 記憶表の変更• 恵比寿にて. CREATE MATERIALIZED VIEW oe. DML文を分離できない場合があり、その場合はトランザクションを短くすると有効です。 交換される表には、実際には3つのパーティションにまたがるデータが含まれているため、参照中のレンジ境界を持つ、一致するパーティションを1つ作成する必要があります。 次の文は、デフォルトで、元の表から NOT NULL制約をすべて継承します。 が、高速リフレッシュを行うにはOracleの制限(集計関数を使う際や表の結合の条件とかUNIONは対象外とか)が色々ある。

次の

マテリアライズドビュー検証 まて マテ マテビュー その1

oracle マテリアライズド ビュー リフレッシュ

ホーム外リフレッシュには次の3つのタイプがあります。 AVG expr などの集計ごとに、対応する COUNT expr および SUM expr を含める。 times表はパーティション化されていないため、PCTリフレッシュできないことに注意してください。 実際、データ・ウェアハウスの表および索引をパーティション化する方法を選択するときには、ロード・プロセスが重要な考慮点となることがあります。 orders orc1. たとえば、並列度が8であれば、16のスレーブ・プロセスが必要です。 deptno など のみを含むマテリアライズド・ビューを高速リフレッシュ可能にする。

次の

【Oracle】MView動作検証 その2〜高速リフレッシュ

oracle マテリアライズド ビュー リフレッシュ

ディテール表に対するパーティション・メンテナンス操作がある場合、高速リフレッシュにはこの方法しか使用できません。 どちらの方法でも、パフォーマンスと一時領域の使用量は同程度です。 まずは「 」で時間のかかっているINSERT-SELECT文を探します。 rowid , p. パーティションは、次の MERGE操作の一部として圧縮されます。 orders orc1. employees orc1. CREATE MATERIALIZED VIEW oe. 9 Oracle Database 12c 12. 2.テーブル構成の変更などメンテナンスが容易。 CREATE TYPE oe. 次の文は、 UPDATE操作をスキップする例を示しています。 このような操作の後でマテリアライズド・ビューをメンテナンスするには、手動メンテナンス CONSIDER FRESHも参照 または完全リフレッシュを使用する必要がありました。

次の

マテリアライズド・ビュー・グループの作成

oracle マテリアライズド ビュー リフレッシュ

集計処理が遅い(複数テーブルの結合などに起因する処理性能低下)• : ORA-12032: "SCOTT". sql 〜 表が作成されました。 ただし、データ・ウェアハウスには2年分のデータを格納するため、1日単位のパーティションは適切ではありません。 試す機会がなかったがDCLも可能であろう。 1つの副問合せ内の複数の OR条件は、 AND条件を使用して接続できます。 orders orc1. warehouses orc1. ジョブ・キュー・プロセスの数を、プロセッサ数より大きくなるように設定します。 表の更新を行う場合は SEQUENCE 句を指定• マテリアライズド・ビューのリフレッシュ 高速リフレッシュを、ディテール表に対する従来型の複合DML INSERT、 UPDATEおよび DELETE と併用できます。 ユーザーがマテリアライズド・ビューを高速リフレッシュします。

次の